おでこのM字の薄毛対策

おでこのM字部分は薄毛対策でも特に治るのが難しい箇所といわれています。ここではそんなやっかいなおでこのM字ハゲの原因を紹介します。

おでこのM字の薄毛対策 > おでこのM字が治りにくい原因はこれ

おでこのM字部分は薄毛対策でも特に治るのが難しい箇所といわれています。ここではそんなやっかいなおでこのM字ハゲの原因を紹介します。

M字部分の血行が悪い

M字や生え際の部分は頭の中でも一番血行が悪いところなんです。

血行が悪いと何故はげてしまうのかというと、髪の毛を作るための栄養が行き届かなくなるからです。

髪も筋肉や骨と同じように食べたものから作られます。

食事でとった栄養は血管を通って体の隅々にとどけられるわけですが、血行が悪いと栄養が行き届かなくなり髪の毛が作られません。

おでこ部分はそもそもの血管自体が少なく、さらには先細っている部分が多いのでもともと血行が悪くなりがちなところなんです。

そのため、おでこのM字部分の薄毛はなかなか治すのが難しいんです。

眼睛披露のダメージを受けやすい

最近ではスマホやパソコンがない生活なんてありえなくなってきましたよね。

仕事でもほとんどの人がパソコンを使うし、全く使わないにせよスマホはもってるだろし。

特にポケモンGOの影響もあって今まで以上にスマホをいじっている人も増えたのではないかと思います。

とても便利でポケモンGOも楽しいんですが、いかんせんそのダメージは大きいんですよね。

眼精疲労がたまると、血行が悪くなります。

そうすると先に説明したように栄養が行き届かなくなるので薄毛になってしまうんです。

5αリダクターゼが多く存在している

おでこの生え際部分にはテストステロンと結びつくことで脱毛を促すホルモンになる5αリダクターゼが多く存在しています。

その影響でおでこの部分から薄くなっていきやすいんです。

多くの薄毛男性がおでこのM字やつむじ周りの頭頂部から薄くなっていくのはこれが影響しているんですね。

しかし5αリダクターゼを抑える方法はフィナステリド(プロペシア)といった薬やノコギリヤシといった天然成分で抑えられることがわかっているのである程度5αリダクターゼの対応については進んできています。